«

»

正しい腹筋運動が理想のウエストを作る

お腹周りのダイエットにおいて、腹筋運動は欠かす事が出来ません。

余分なカロリーを摂取しないように食事制限をし、適度な有酸素運動によって脂肪を燃焼し易い状態を作る。

そこに腹筋運動が加わる事で、お腹周りを引き締める事が出来るようになるのです。

そこで注意したいのが、お腹周りのダイエットにおいては、ただ単純に腹筋運動をすれば良いのではありません。

お腹の筋肉というのは、腹直筋、腹斜筋、腹横筋という複数の筋肉から構成されており、それらを個別に鍛える事が必要です。

一般的な腹筋運動というのは、腹直筋の上部を主に鍛えるものであり、腹直筋の下部、腹斜筋、腹横筋にはあまり影響がないのです。

正確に分けると4カ所の腹筋を、それに合った鍛え方をする事によって、初めてお腹周りのダイエットは成功するのです。

お腹を引き締めたいからと言って、ただ単純に一般的な腹筋運動を繰り返していても、いつまで経っても理想のウエストラインは手に入りません。